直接でないクレジットカード使用の方法は簡明です。クレジットを使って直に取引できない販売物を直で購入するのではなく遠まわしに使って買い上げしたらよりよいでしょう。解説が明快なため、まずはじめにギフトカードのたとえを使って表現してみようと思います。ある女性が有名なアクセサリーを使いたいと考えて立ち止まっています。買いたい有名な財布を販売している店舗だとクレジットで払う事が不可能です。けれどもAmerican Express、NICOSなどの金券を使用すれば取引する事を許容してくれるようなのです。ですからモデルとなる女性はクレジットカードで商品カードを買い付けする事が可能なギフトカードを売っている場所におもむきクレジットを使用してJCB、MasterCard、NICOSなどのギフト券を買い付けしてみます。そして駆使したクレジットカードを用いて買ったMasterCard、NICOSなどの券を店舗に持参して訪ね、購入したかった価値のあるアクセサリーを買ったとします。「どうして金券でそれを購入した女性は上記のような手の込んだことしているのでしょう?」と考えるのかもしれませんが、この技法を使用すると本当なら貯まる事がないカードポイントが手に入れられます。いつものように、キャッシュを使う事で有名なコートを注文したりした時はローンポイントはゲットできませんしDiners clubなどの商品券を現金で発注した上で使用してもカードポイントは貯まりません。でも今説明した事例の時であるならVISA、MasterCard、NICOSなどのギフトカードをクレジットで買い付けしたという根拠により、ブランドバックを買ったときとつりあう分だけカードポイントが手に入れられるようになるのです。こういう場合が遠まわしにクレジットカードを運用したことため、直接商品を買うのでないクレジットと名づけられた仕方です。