為替介入(外国為替平衡操作)というものを耳にした事がありますか?日本銀行が為替介入をして新聞記事、雑誌記事、報道番組、グーグルの記事でチラリと見た人もいるでしょう。

元から外国為替市場介入(為替介入)というものは日本の場合、◯財務大臣が為替相場の安定を保てるように遂行する手はずということで考えられています。

わかりやすく言えば、極度の円高、円安の時に財務大臣の命令が出ると日本銀行が円を売買することで為替相場の安定を狙う、ことを言います。

為替介入はいくつか方法があります。

1.単独介入・・・行政や日本銀行が東京での市場の中で積極的に市場に参加して外国為替平衡操作(為替介入)をする。

2.協調介入・・・いくつかの通貨当局が相談のうえ各通貨当局のお金を以てみんなそろってあるいは断続的に外国為替市場介入(為替介入)を実施していく。

3.委託介入・・・国外の通貨当局に外国為替平衡操作(為替介入)を依頼する。

4.逆委託介入・・・日銀が国外の銀行などに成り代わって外国為替平衡操作(為替介入)をする。

この通り種類があるのです。

どの方法の介入も短期に、しばらくの間為替に影響を与えます。

外国為替平衡操作(為替介入)の資金は当たり前のことですが権威をかけて行なうのですからスケールが大きいです。

円を例にみると、普通は少しだけ動いている為替相場が不意に数円単位の動きをするのです。

個人の投資家の人でしたら今までに体験したと思うのですがここまでは期待通りに含み資産(または損失)が多い持ち高を保っていたところで、保持している持ち高が決済となりましたとの通達が外為の会社の発信でEメールが来ました。

どのくらい黒字になったのか(損益が出たのかな)?と考えつつ決済後の情報を確認すると、自ら予測していたのとはまったく反対の状況になってしまいびっくりしたということがよくありました。

為替介入が行なわれると多く聞く話なのです。

為替介入(外国為替市場介入)が施行されると、為替の動きと逆の変動をします。

それだけでなく動く額の大きさは非常にでかく変動しますので気をつけましょう。