外国為替証拠金取引(FX)で投資する興味深いところは単独の商品であるが、お金を掛ける期間を短・中・長の3種類の中からどの種類を選ぶのかということによって、資金を費やす仕方が大きく違うというところにあると言います。1番目に外貨投資の「長期の投資」に関して詳しく見てみよう。長期の投資というのは、一年以上の長期投資を基準にしているのです。基本的に為替レートにおいては、一年以上先の為替相場は円高だろうか、ないし円安であるかを予測するのは一般的に困難でしょう。ほとんどの場合、「そんなにも先の変動は予想できない」というのが当然のことだと思います。予測もできないことをがんばって予測しようとしたところで無駄なものなのです。そんなわけで他国の貨幣を買ったとして、買ったタイミングの価値よりも円高傾向になったとしてもその分はしばらく経てば円安に戻るはずだという感じで売買に挑むことが大事です。為替の利益を何が何でも目指すよりも、それ以外の儲けそれはスワップポイントで儲けるということを最初のターゲットとして出資してみましょう。当然ですが、少しの間に差損にマイナスがかなりなることもあります。このためそういった差損でも問題ないようレバレッジを少しでやり取りすることはポイントです。外国為替証拠金取引は損失がある金額よりも広がってしまうと追加保証金を求められたり、もしくはロスカットになったりします。ストップロス(ロスカット)になったら、さっさと売買をフィニッシュすることになり、長期トレードがストップしてしまいます。この手のリスクを回避するにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2、3倍くらいでトレードするのが良いでしょう。今度は中期の投資のケースの売買についてです。中期のスタンスにおいては2ヶ月程経った頃を見越しての取引となります。為替取引の時、1ヶ月ほど先のことであれば、おおよそ、予測可能だと思います。G7などの国際会議の話題為替の市場で売買している人たちがどんな内容に興味があるかを見てみればだいたい予測できるのです。こんなファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を見る一方、グラフを見ることで為替の相場の状況を把握できるようになり取引を見定めるのがいいでしょう。基本的に経済の状態とテクニカルの両面で良い感じでありまたは買いが一致していれば、ほとんどのケースではジャッジした通りに行くと思って良いのです。その際は持ち高を増やすとより多額のリターンをもらえると思います。3つ目に短期のトレードのポイントです。この短期のトレードが示しているのは言うなればデイトレのことを言っています。為替相場で日計り取引を行う場合経済の基礎的条件は決して関係しないと断言できます。なぜかというと明日の為替レートの変化に、経済情勢は無関係だからです。ここでのポイントは大規模な行事がある時そのためにレートがかなり変動するチャンスを狙って取引しましょう。例として、アメリカにて雇用者の統計が公布される、もしくは金利政策などで金利が変わるというイベント。このように一瞬の動きをものにするといった理由から、短期のスタンスでは多種の知識が必要となる。